logo

■■■教育制度■■■

■新入社員研修制度

当社は2009年度より、厚生労働大臣の認定を受け、実践型人材養成システムを導入しました。

実践型人材養成システムとは、企業が主体となって、教育訓練機関における学習(OFF-JT)と、企業における雇用関係の下での実習(OJT)を 組み合わせることにより、若者を現場の中核となる人材を養成します。

教育訓練機関では、業務上必要となるコンピュータやネットワークの基礎知識、プログラミング言語の基礎を習得します(約2ヵ月間)。 社内での実習は、ソフトウェア開発に必要な、仕様書理解、設計、プログラミング、テストに係る実践的な技能および知識を習得します。

■キャリア社員研修制度

長期的なキャリア形成の実現を支援する環境(SEカレッジの外部研修)を用意しています。

SEカレッジのサイトへ移動するには、下記リンクをクリックしてください。

当社はリンク先の外部サイトにおける個人情報の取り扱いについては責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

IT専門研修 SEカレッジ

■社内実習

当社では、ソフトウェア開発において、設計・プログラミング・テストができる能力を 習得させ、将来ソフトウェア開発部門の中核となる人材を育成を目標に訓練を行います。 不定期で社内勉強会なども実施しています。